ミツワエンジニアリング株式会社

ミツワエンジニアリング

弊社はグループ会社の重機や工具、自動車の点検整備から始まり、線路上で走行する大型機械の点検整備まで幅広く業務に携わっております。従事する場所は工場内だけではありませんがそれだけ専門特化した業務内容です。

【事業所の業務内容】

五丁台事業所 保線機械の点検整備、機械の開発・改良・修繕、自動車整備、レンタル

ブログ 会社ホームページ

 

事業所のご紹介Office

ミツワエンジニアリング株式会社の事業所をご紹介します。当グループで取り組んでいる事業所ごとの年間目標(ベストモデル)と活動報告も掲載しております。 事業所ごとに求人を募集しておりますので、気になる事業所がございましたらお気軽にお問い合わせください。各事業所の紹介パンフレットをPDFでご用意しております。採用情報なども掲載しておりますので是非ご覧ください。

 

五丁台事業所

当事業所は鉄道に関わる保線整備専門会社の整備部門としてスタートし、自動車整備以外にも線路上を走行する重機の整備や修理、保線専用工具の修理等を行っています。創立以来、常に新しいことへ挑戦する気概と仕事に対する誇りを持ち続けて日々の業務にあたり顧客からの信頼を築いてきました。

住所 〒363-0004 埼玉県桶川市五丁台288-1 Map
TEL 048-729-0977

事業所チラシ 事業所パンフレット

令和元年ベストモデル
「軌陸機械スペシャリスト」

ベストモデル3rd Stage の3年目となる今年度は、昨年同様「鉄道用大型機械(保守用車)整備に本格着手」を目指し、緊急対応能力の向上を強化し、高水準での能力を平準化することにより、整備士全員が軌陸機械スペシャリストになるべく、マンツーマン共育・研修会を実施していきます。 軌陸機械のメンテナンス・トラブル・改良・開発など多岐にわたり対応していき、発注者様から「軌陸機械のことならミツワエンジニアリング!」を目指していきます

重点実施項目

  1. マンツーマン共育
    技術力強化として、机上の研修会では身につかない技術を実践作業にて指導する
  2. スキルアップ研修
    • 能力向上を目的として、個々に必要となる知識向上と機械構造等を理解して対応力を高める
    • 緊急対応力の平準化を図るために、過去のトラブルを基に対応方法と応用力強化の知識を身に付ける
  3. 改良・開発品の提案・製作
    現場で使用されている機械や道具の改良・効率アップ・事故防止に繋がる提案を事業所全員で意見を出し合い実施する

【令和元年度進捗状況】

今年度のベストモデルは全体のレベルアップと共に、緊急時対応の強化を重点的に実施しています。ただ、人員減少により通常業務に支障が出ない程度に実施しているため、事業所全体の研修会や実技訓練はスケジュールの調整がつかないため予定したほどの回数が出来ていない状況です。ただ、全体での研修が出来ない代わりに、中堅の整備士にはマンツーマン共育で様々なトラブルを想定した緊急時の対応方法を、過去に起きたトラブルや他所の事故等を基に想定される原因や修理手順を説明しています。

*重点実施項目

①マンツーマン共育
緊急対応能力の向上だけでなく、従来通りに新人~中堅を対象として未実施の作業をベテランや経験者が共同作業で作業手順や注意点などを説明しながら行っています。絵や写真での説明と違い、実際の作業で経験を積むことができ、その場で作業方法や勘所・ツボ的な事も説明できるので効果は高いです。退職者が出たことで個々の通常業務の予定が圧迫したため、②スキルアップ研修をマンツーマン共育で個別に実施している状況です。

②スキルアップ研修
事業所全体のレベルアップを目的とした、機械構造を理解して対応出来る知識を備えるための研修会を予定していましたが、人員減少の影響でスケジュールの調整が出来ておらず、予定の回数開催できていません。①の項目で対応していますが、下期は可能な限り実施します。

③改良・開発品の提案・製作
昨年度から今年度に掛けてPC保護カバー・犬釘打ちガイド・重機接触防止装置・火花飛散防止用具等の提案を行い、製作販売を開始しています。この様な道具(商品)が欲しいといった要望から商品化は今までも行っており、今後も対応すると共に完全オリジナル商品を提案する事に繋げていきます。


緊急対応については、マンツーマン共育の成果も出ており、中堅整備士もベテランと共に夜間作業にも立会う事で徐々に経験を積んでいます。来年度には一人での立会いも視野に入れ能力向上に努めています。②のスキルアップ研修は少しでも多く開催して前半の未開催分を補いたいと考えています。③については事業所内でも数案出ており、更にいくつかヒントもいただいております。技術面と安全面を考慮して実際に製作可能か?需要はあるのか?など検討中です。可能なことから順次着手していき仕事の確保と売上・利益の向上に繋げます。

 


このページの先頭へ