共立建設株式会社

共立建設

昭和62年の創業以来、JRの軌道工事を中心に事業展開をしてまいりました。首都圏にて線路の点検保守・新設工事に携わり、安全安定輸送の一翼を担っています。特に、鉄道用特殊重機も多く導入し近代化を図っております。会社の成長と社員の幸せを目標に全社一丸となり日々精進してまいります。

共立建設 機械部門 会社ホームページ

 

事業所のご紹介Office

共立建設株式会社の事業所をご紹介します。当グループで取り組んでいる事業所ごとの年間目標(ベストモデル)と活動報告も掲載しております。 事業所ごとに求人を募集しておりますので、気になる事業所がございましたらお気軽にお問い合わせください。
各事業所の紹介パンフレットをPDFでご用意しております。採用情報なども掲載しておりますので是非ご覧ください。

 

足立事業所

共立建設 足立事業所
住所 〒120-0047 東京都足立区宮城1-15-7 Map
TEL 03-3913-1848

現在では機械化が進み、建設用重機械(軌陸BH)を使用した作業を数多くこなしています。その他にも品川駅改良工事では数多くの新線を作り、実際に運用されています。新規工事や大規模工事では事前に勉強会を開催し作業員のみなさんの疑問や不安点を解消しています。

事業所パンフレット 事業所ホームページ

令和元年ベストモデル
「安全の3点セットで人財育成」

人財育成の基盤づくりとして安全の3点セットを活性化させ更なる事業拡大を目指す。また、それぞれのレベルに合った教育を実施し、知識を向上させる。里親制度も継続し私生活や仕事上での悩みや不安を取り除くことで、長く勤めたい職場を目指す。最終的には全事業所のモデルとなるよう取り組んでいく。

重点実施項目

  1. 小集団活動や仕事の勘所・ツボの作成を通して、意見を言える場所を提供する
  2. 技術力の向上:技術パトロールを活用し技術指導や継承を実施し、安全面と共に後継者の育成を図る
  3. 声掛け確認会話の強化:挨拶運動により風通しの良い職場づくりを心掛ける
  4. 里親制度の継続:社員の悩みや不満へいち早く対応する

【令和元年度進捗状況】

今回のベストモデルは前年からの継続とし、更なる人財育成を図るため取り組んできた。

前年からの反省として、全員参加のベストモデルを目標に今年度は取り組んできましたが、なかなか思うようには進まず、全員参加で出来たことといえば勘所・ツボの作成だけとなった。

小集団活動に関しては、活動だけにとどまらず会議内容の再周知や意見交換など会話する場を多く設けたことで、小集団の枠を超えて意思疎通が少しずつではあるが出来るようになってきた。

技術パトロールに関しては今回1番の反省点で、なかなか現場にパトロールとして赴くことが出来なかったので、今後気になる作業や新しい作業の場面ではパトロールとして現場に少しでも多く赴き、技術指導できたらと思います。

 

大崎事業所

共立建設 大崎事業所
住所 〒140-0005 東京都品川区広町1-1-2 3F Map
TEL 03-6431-8753

東京都内(山手・京浜・常磐・東北本線)上野から池袋までの軌道修繕工事を主としています。工事の内容は、古くなったレール・マクラギ等を交換し、鉄道利用者にとって乗り心地の良い線路状態を保っています。今では、耐震化工事が進んでおり、改良工事なども行っています。私達の仕事は、列車が走っている以上、なくなる事がありません。

事業所パンフレット 事業所ホームページ

令和元年ベストモデル
「技能向上と安全強化」

事業所の人数は、不足しているが責任者が多くいるので個々のレベルをさらに一段階上を目指せるように技術と技能の両方をスキルアップさせる。 それと平行に安全の意識もさらに磨き、事故・トラブルゼロを目指す。

重点実施項目

  1. 事業所内で勉強会を開催し、不安要素を無くし現場で活かせるように共育する
  2. 苦手な分野を克服させる為、現場でのマンツーマン共育を実施
  3. 過去の事故・トラブルをもう一度見直し現場に潜む危険を洗い出す
  4. 発注者・元請様より誰が見ても安心して見ていられる環境を作り活性化させる

【令和元年度進捗状況】

5年計画のPC交換が今年で3年目に入り、8月22日で事故・トラブルなく無事作業終了した。あとは、現場内の発生の片付けのみとなった。

事業所の人数も増え現在は9名になり、日々新人者に教えながら作業に従事させている。 9月にはあと2名入社予定で、11名の体制になる。新人者に対しての基本ルールと、現場でやってはいけない事・やらなければいけない事の知識をきちんと共育し、過去の事故事象もしっかりと教え、新人者一人ひとりにマンツーマン共育しながら技術の向上も図っていける体制をつくる。

 

多摩事業所

共立建設 多摩事業所
住所 〒184-0003 東京都小金井市緑町2-16-22 Map
TEL 042-381-3437

中央線東小金井駅から徒歩10分。西東京の住宅街に位置し、大学、小中学校も多くある地域に事業所を構えて多方面での仕事をしています。全室個室の独身寮も併設しています。事業所の特長は、新線工事、技術研究に関する試験軌道の従事、国のプロジェクト参加の出張工事等他事業所に無いスケールの大きな仕事を請負います。

事業所パンフレット 事業所ホームページ

令和元年ベストモデル
「軌道工事 一番」

当事業所では、広範囲のエリアで受け持っており、軌道(保守・新設)・土木・建築と様々な場所で短期の施工をしています。その為、他社との比較を多く受けることとなり売上にも大きくかかわってきます。そこで他社よりも良い成果物を提供し、事故を起こさない取組(安全は全てに優先する)を実践して信頼を得、軌道工事として一番を目指す。

重点実施項目

  1. 大規模工事、特殊工事毎の事前周知会の実施
  2. 個人の成長を促進し会社への人財力を高める
  3. 事業所のチームワーク(団結力)を強化し強い組織を構築
  4. リスク管理と品質向上を図る

【令和元年度進捗状況】

〇重点実施項目
・大規模工事毎の事前周知会の実施
今年度の上半期では大規模工事はなくまだ実施はしていない。下半期に関しても切換工事等の大規模工事は計画されてはいないが分岐器全交換・道床交換等の作業を計画しているのでそのような工事施工前の事前周知会を解り易い内容で実施しより良い施工を目指す

・個人の成長を促進し会社への人財力を高める為の育成
重機機械のオペレーターを育成する為、重機を使用しての操作やオペレーターならではの勘所・ツボのアドバイスを用いた教育を実施した。結果として有資格者の能力強化は出来たが新たな資格者への選出には至らなかったので今後の課題としては対象者への練習と人材の補充(人員募集)を計画・実行して有資格者を増やすこと、実技として様々なアタッチメントを使用しての訓練を取り入れて能力向上と人材育成を目指す

・事業所のチームワーク(団結力)を強化し強い組織を構築
今年度から小集団を再編成し新たに強化した組織を構築、毎月の小集団活動と従業員会議後に全員での清掃等を行いチームワーク(団結力)の強化をしている。結果としては前年度より小集団の活動が活発化し報・連・相がスムーズとなり組織力が全体的に向上した。今後は、引き続き現状を維持しつつ活動内容のPDCAを廻して組織内のさらなる強化を図る

・リスク管理と品質向上
リスク管理として工具の点検・修理を行い現場での工具トラブル防止を、熱中症対策としてミストファンの購入と範囲強化の工夫・常備用具の点検・補充を行いトラブルの防止に努めた。結果として機械の故障等のトラブルや熱中症で倒れたり搬送されたりすることはなかった。今後は重機機械の緊急対応や保安関係のトラブルを想定しての取り組みを行い強化するとともに品質に関しての確認や教育を取り入れていく

〇全体を通して
今年度に入りチームワークの強化に重点をおき、組織改善を行った。その影響もあって事業所全体の組織力を向上することができ他の重点実施項目でも徐々に影響してきている。今後は施工内容の確認・改良をして品質関連の向上を図り、ベストモデルである「軌道工事一番」を目指して行きたい

 

三芳事業所
旧富士見事業所

三芳事業所
住所 〒354-0044 埼玉県入間郡三芳町北永井882-176 Map
TEL 049-293-2704

東武東上線の他社乗入れに伴い列車本数が増加し、それに伴う耐震工事やお客様の安全を守るためのホーム改修工事等で私達の仕事量も増え安定しております。列車が走っている以上どんなに不況でも仕事があります。線路を維持、改修する工事については最終列車が終わった後に作業を行っていますが、昼間についても沿線の環境整備の工事もあり、稼ぎたい人や資格を取得したい人など、あらゆるニーズに対応できる職場環境にあります。

事業所パンフレット 事業所ホームページ

令和元年ベストモデル
「安心の追求と進化」

三大労災に繋がる事象を発生させてしまい、改めて危険を感じた。自所で起きた過去の事象を風化させないために見える化、教育を行い、再発防止に努めさらなる進化技術の向上を図る。また新宿舎に移転し生活環境も変わり、社員の増員にも力を入れて新たなスタートを切った。

重点実施項目

  1. 元請けの安全重点実地項目を周知させ、「やるべき事」「やってはいけない事」を徹底する
  2. 事業所運営委員会・小集団活動を活用し、コミュニケーション能力の促進を図る
  3. 重機異常時に対応できる技術・知識を身に付けオペレーターの育成を行う。
  4. 事業所で起きた過去の事故を見える化し、再発防止に努め安全意識の向上を図る
  5. 新規工事や大規模工事については、施工検討会や周知会を自社で行い、仕上がりを意識した安全で円滑な現場作りを目指す

【令和元年度進捗状況】

昨年度に待避遅延を発生させてしまい、改めて線路で仕事をする危険を感じ事故撲滅を掲げてサードステージをスタート。
従業員増員を図るなかで、新しい社員が先日怪我をする事故があり新たな問題にも今後は取り組んでいく必要性を感じている。

(重点目標の進捗状況)

  1. 元請けの安全実施重点項目を周知させ「やるべき事」「やってはいけない事」を徹底する
    • 毎月直近工事に関連付けて自所のみで講習を小集団で手分けして行っている。教える側も調べる事で学び良い機会になっていると考えます。
  2. 事業所運営員会・小集団活動を活用し、コミュニケーション能力の促進を図る
    • 毎月、繁忙期でも時間を設けて行うようにしています。
  3. 重機異常時に対応できる技術・知識を身に付けOPの育成を行う
    • 重機の異常時訓練は、今期まだ実施していません。JV関係の工事受注と合わせて使用する機会が多くなってきているので、早い段階で実施する予定で考えています。
  4. 事業所で起きた過去の事故を見える化し、再発防止に努め安全意識の向上を図る
    • 三芳事業所ルールを貼りだし「見える化」を行っています。現在は文字だけの殺伐としたものですが、イラスト等を追加して事故防止に役立てたい考えです。
  5. 施工検討会や周知会を自社で行い、仕上がりを意識した安全で円滑な現場作りを目指します
    • 上期は線路の構造形状を変化させるような現場や助勤を多くお願いして施工を行うような工事がありませんでしたが、JV関係で軌道土木の仕事を多く受注して作業を行っていました。建築・土木との相番での作業が多く、軌道工ならではの軌陸や道具を活用しての施工案を提案して施工にあたっていました。従業員全員とは言えませんが責任者のスキルUPにつながる良い機会と捉えて、各現場を任せ、考えることで今日までの受注があると考えます。

 

大月事業所

共立建設 大月事業所
住所 〒401-0021 山梨県大月市初狩町下初狩1396-1 Map
TEL 0554-25-2047

富士山が世界遺産に登録されてからJR中央線をご利用されるお客様も増え、JR東日本様からの仕事の受注も大幅にアップしています。我々の仕事は電車が毎日安全に走行出来るようにする為の責任ある仕事です。決して楽な仕事ではありませんが、やりがいのある仕事だと感じております。現在は20歳~30歳の若手も増え活気ある職場です。ゴールデンウイークに交流を兼ねた旅行なども企画開催しています。とにかく年齢関係なく仲が良い大月事業所です。

事業所パンフレット 事業所ホームページ

令和元年ベストモデル
「安全施工・人財力 一番」

今年度のベストモデル【安全施工・人財力一番】は人材確保を目的とし、ホームページを活用した具体的な取り組みの実施。社員が安心して働ける風通しの良い職場作りを目指す事と、元請け様に対して信用信頼してもらえる現場を想定した訓練の実施、作業に関連する数字の勉強会を実施し、作業に携わる全従事員の知識と技能のレベルアップを目指す。

重点実施項目

  1. 知識、技能のレベルアップの向上の為に定期的な講習会を開催し、個人の底上げを図る
  2. 各Gが割り当てた重点項目を実施することで従業員一人一人が活躍できる場を設ける
  3. 点呼時にホワイトボードと勘所・ツボを活用して、安全に関する意識付けをさせる
  4. ホームページとリンクしたパンフレットを作成をして従業員の募集をする

【令和元年度進捗状況】

4月重点実施項目
〇大型工事を対象とした検討会の実施(安全G)
【責任者会議の中で16頭レール削正について討議し、注意ポイント要注箇所など意見を聞き出し集計・まとめを行い、作業員に水平展開する事ができた】

〇従業員募集活動(広報G)
【4月17日に塩山~東山梨方面のアパート・マンションを中心にポスティング活動を行い300配布】

〇GWに向けた盗難・防犯の強化(宿舎G)
【GW前に戸締りの確認を全員で行い連休中には当番を決め残る人間で毎日戸締りの点検を行った】

5月重点実施項目
〇各現場への安全・技術パトロール(安全G、車両G、宿舎G)
【Gリーダーが安全・技術パトロールとして各現場に行きパトロールの実施】

6月重点実施項目
〇安全教育(熱中症・平面性)緊急対応
【従業員会議・ミニ災防協の中でG内の軌工管に依頼し資料の作成と解説を行った】

7月重点実施項目
〇交通安全講話
【H26年7月18日に帰社時における交通死亡事故を起こし大切な仲間を失いました。その事故より 5年の歳月が経ちましたので警察官を招いて交通事故防止の為の講話をしてもらった】

〇従業員募集活動
【山梨市周辺のアパート・マンションを中心にポスティング活動を行った】

8月重点実施項目
〇駐車場整備・地域美化活動
日頃迷惑をかけている地域の方々へ感謝気持ちを込めて、草刈り・ゴミ拾いなどを実施した。

まとめ
去年度から全員参加型のベストモデルということで進めてきました。Gリーダー会議の中で「安全施工・人財力1番」の中身にリンクした重点実施項目を各Gリーダーが決め、担当し月毎に活動する事で従業員の中でも「知らない・やらない」がなくなったと感じています。各Gリーダーも担当が近づいてくると率先して準備を行い、結果を出してくれています。

 

 

甲府事業所

共立建設 甲府事業所
住所 〒400-0104 山梨県甲斐市龍地字池久保4429-1 Map
TEL 0551-28-8260

事業所からの展望は、世界遺産である富士山や南アルプス連峰が一望でき、現在甲府事業所に在籍している社員は20代の社員も多く、作業を行うにあたっての知識や技術を教えながら共に働いています。年間の中で納涼会や忘年会等も行い、従業員全体が仲が良い事業所です。また、2015年ノーベル生理学医学賞を受賞した大村博士の出身である韮崎市も近く、美術館を始め観光名所も多く点在しており、近くには温泉も沢山あり癒されます。

事業所パンフレット 事業所ホームページ

令和元年ベストモデル
「元請け信頼度一番」

昨年度は「声掛け確認会話一番でルール100%ヨシ!」を合言葉にして取り組んで来ましたが、下期に連続してトラブルを発生させてしまい無事故継続日数を途切れさせてしまいました。信頼を取り戻し、さすが共立建設と言ってもらうため、安全の3点セットを軸に「声掛け確認会話一番でルール100%ヨシ!」を合言葉に元請け様に安心して現場を任せて頂ける事業所にする。

重点実施項目

  1. 安全の3点セット
    • 「小集団活動」
      グループ毎の勉強会の実施と小集団活動を通して人財育成・後継者育成に取り組む
    • 「技術パトロール」
      従来のパトロールだけではなく、品質向上・見た目にこだわった施工に繋げる
    • 「仕事の勘所・ツボ」
      内容を見直し、全員参加で取組み、知識力向上・事故防止に努める
  2. 声掛け確認会話一番でルール100%ヨシ!
    • 挨拶運動を基本とした声掛けを行い風通しの良い職場作りを目指す

【令和元年度進捗状況】

ベストモデル重点実施項目として①安全の3点セット「小集団活動」「技術パトロール」「仕事の勘所・ツボ」、②声掛け確認会話一番でルール100%ヨシ!に取り組んで来ました。

①安全の3点セット
「小集団活動」に関しては、小集団毎に勉強会を計画・実施という活動を昨年から力を入れて取り組んで来ました。各小集団が中心となって自分達で勉強会を計画・実施する事で、以前よりもグループリーダーを中心に自分達で考え話し合い、小集団活動に取り組んでいる姿が普段から見られる様になりました。今後小集団活動を通して責任のある仕事を任せ、後継者育成(所長・副所長)に取り組んでいきます。

「技術パトロール」は現在自分が実施していますが、この2ヵ月思う様にパトロールを実施出来ていないのが現状です。今後は大月事業所を見習い、自分だけではなく副所長や役職者にもパトロールを毎月4回実施し、元請け様に信頼して頂ける施工に繋げていきます。

「仕事の勘所・ツボ」の作成は全員が理解し取り組んでいると思います。やはりマンネリ化が見られてきたので、現在一人で作成している物を今後、足立事業所や大月事業所の様にグループで作成する方法を取り入れて実施していきたいと思います。全員参加の勘所・ツボを作成する事で、事故防止に繋げていきたいと思います。

②声掛け確認会話一番でルール100%ヨシ!
昨年トラブルを連続して起こしてしまい、「声掛け」「確認会話」の重要性を改めて実感した為、重点実施項目として取り組んで来ました。従業員会議での挨拶運動・現場点呼時に合言葉の唱和と取り組んで来て、「共立さんは、現場で声が出ていて良いね」と言って頂ける様になりました。実際現場内でも、声を掛け合っている姿やお互いに注意しあって作業をしている姿を見ると頼もしく思います。今後若い従業員からもっと声を出す事が出来る様に風通しの良い環境にしていきます。

安全パトロール写真1

*軌工管から二重安全措置設置場所を跡確認簿にて指示、設置者は指示された設置場所に確実に設置し軌工管に設置時間を報告・撤去時も確実に時間の報告がされていた

*作責からの役割分担や指示を全員が確実に実施し、スムーズに作業が行われている

 

安全パトロール写真2

*踏切前後の軌道整備で、障検等お互いに注意し合い作業を実施していた

*軌工管と線閉責任者はWチェックを実施し、線閉着手解除を実施していた

 

大宮事業所

JR東日本管内に於いてレール削正業務を行う会社が数少ないため、現場では社員が自覚とプライドを持ってあらゆる面で活躍しています。社員の平均年齢が35歳と若い社員が多い事業所ですが、専門資格を取得、経験を積むことにより仕事での重要な役割を任されています。

住所 〒331-0071 埼玉県さいたま市西区髙木 941 Map
TEL 048-624-3633

事業所パンフレット

令和元年ベストモデル
「保守用車施工管理 一番!!」

大宮事業所では、大型保守用車の運転操作・点検整備に専門特化した事業所であることから、円滑な機械運用及び異常時対応のレベルアップが求められます。今年は3ヵ年計画の最終年として1年目の【整備力】2年目の【対応力】に加え、迅速かつ的確に対応する【速さ】=迅速な対応を指針とし1年間強化します。機械に専門特化した事業所として機械の点検整備は【終わりのない課題】ですが、日々小さな発見と対応を積み重ねることで『機械の専門業者』へ一歩ずつ前進致します。

重点実施項目

  1. 不安箇所の早期発見・対応 ※午前に発見⇒午後に修理=現場施工を可能にする
  2. 不具合発見時の内容把握と報告 ※現場修理の可否を判断⇒元請け報告・業者依頼
  3. 点検項目以外の目に見える範囲の確認を再徹底
  4. 故障・トラブルの原因追及と把握
  5. 若手社員への技術継承及び情報共有

【令和元年度進捗状況】

ベストモデルのお題目に対する現状評価としては、大きな機械故障を発生させることなく早期発見と早期対応を実施している結果と捉えることが出来ます。元請け様より機械故障による中止を発生させていないなどの状況を踏まえ表彰をいただくことが出来ました。ですが一番と言える状況では無いため、より安全に施工を行う、機械故障を防止する、早期発見・対応、異常時対応と技術力の向上を重点実施項目や基礎知識の底上げなどの基本を軸に反復習得していきます。

~重点実施項目~

  1. 不安箇所の早期発見・対応。 ※午前に発見⇒午後に修理=現場施工を可能にする。
  2. 不具合発見時の内容把握と報告。 ※現場修理の可否を判断⇒元請け報告・業者依頼。
  3. 点検項目以外の目に見える範囲の確認を再徹底。
  4. 故障・トラブルの原因追及と把握。
  5. 若手社員への技術継承及び情報共有。

上記の様に現場従事社員は機械故障を防止するなど一定の成果を上げているが、事業所運営の側面から考えると順風満帆とは言えません。重点実施項目の5.若手社員への技術継承が遅れている現状があります。原因の一つに私の指導力不足やマネジメント力不足があると感じていますので、急務として技術者の育成を行う考えです。

~今年度の育成目標~

  1. 機械軌道操作者 1名
  2. レール削正技術者(スペノ) 1名
  3. レール削正技術者(ヨシイケ) 1名
  4. 軌道工事管理者(幹)1名

故障時

交換後

 

花畑事業所

首都圏のJR路線のレールをメンテナンスしています。レール削正という業務に特化し、高い専門性を評価されていることにより景気に左右されず安定して業務を受注しています。一般にイメージされる工事作業とは違い、重い工具を持って何時間も作業するようなことはありません。経験を重ね、より良い施工品質にできるよう、またトラブルに対応できるよう様々な知識を身に着けていくことが要求されます。体力に自信がないという方でも大丈夫です。

住所 〒121-0061 東京都足立区花畑5-4-7 Map
TEL 03-3868-2246

事業所パンフレット

令和元年ベストモデル
「レール削正異常時対応力一番!!」

レール削正専門の事業所として昨年度は整備力・異常時対応力をより高めることに努めました。専門業者としてレール削正は花畑に任せれば安心だと元請け様からの信頼を得ることが重要です。年々機械の老朽化により不調箇所は増えていきますが、日中点検整備では本線上でのトラブルを未然に防ぐ整備力の向上に努めるとともに、夜間作業では様々な事象発生の可能性を想定し、可能な限り出来る対策を行える異常時対応力を確実に実行することで発生事象数ゼロを目指し、信頼を得ていくことを目指します。

重点実施項目

  1. 始業点検項目以外にプラスα 一ヶ所、点検を入念に行い故障の早期発見に努める
  2. 機械の異常時対応に対して勘所・ツボを作成して機械トラブルに備える
  3. 声掛け確認会話一番でルール100%ヨシを実行して機械のトラブル防止に努める


このページの先頭へ