高崎建設株式会社

新しい線路を作っています

弊社は平成15年7月に設立以来、保守・新設・改良と軌道工事全般を主業務としています。専門業者として常に「究極の安全」を追求し、“技術”・”品質”・”人財育成”を大きな柱として日々追求を重ねて参りました。また、誠実で公正な企業活動を通じて「社会的責任」を果たし、鉄道をご利用くださるすべてのお客様や地域社会から信頼される経営に努めています。

会社ホームページ

 

事業所のご紹介Office

高崎建設株式会社の事業所をご紹介します。当グループで取り組んでいる事業所ごとの年間目標(ベストモデル)と活動報告も掲載しております。 事業所ごとに求人を募集しておりますので、気になる事業所がございましたらお気軽にお問い合わせください。
各事業所の紹介パンフレットをPDFでご用意しております。採用情報なども掲載しておりますので是非ご覧ください。

 

品川事業所

品川事業所
住所 〒140-0003 東京都品川区八潮3丁目2番9号 Map
TEL 03-6412-9292

私たち品川事業所メンバーは、首都圏鉄道網の心臓部である新宿駅を中心に渋谷駅の改良工事を、JR東日本東京工事事務所発注の仕事をメインに行っています。現在は新宿駅の東口と西口を改札口を通ることなく自由に往来できる”東西自由通路”の建設にたずわさっており、渋谷駅につきましては山手線と山手貨物線(湘南新宿ライン等)のホームが300mほど離れており、かなり不便な状況ですが、そのホームを4線(山手上下線・山貨上下線)並列 にするための工事を主に行っています。

事業所パンフレット

令和元年ベストモデル
「どこにも負けない現場点呼と終了点呼」

軌道工事は全ての現場において、点呼に始まり点呼で終わります。メリハリのある現場点呼を実施することで、その流れを現場に持ち込み、活気のある現場運営を実施する。また、終了点呼もしっかりと整列して実施し、各種報告を確実に実施、気がかりや振り返りの報告を実施することで、翌日以降の現場につなげる。

重点実施項目

  1. 点呼時の指示及び役割分担を明確に指示を出す(軌作責)
  2. 役割分担、作業指示に対して返事と復唱をはっきりと行う(従事員)
  3. 声掛けとあいさつの継続(すべての人に対して実施)
  4. 各種周知会を実施し、個人の知らないをなくし責任感を持って現場に入る環境を作る

【令和元年度進捗状況】

点呼時の指示及び役割分担を明確にして指示を出す(軌作責)
この項目については、軌作責により若干の温度差があるが概ね実行できていると感じます。しかしながらベテラン軌作責は、照れなのかメリハリの無い場合があるので時に注意し改善してもらっているところです。また、交通建設独自のワッペンの配布により役割を明確にするという部分では、かなり実践度が向上していると思います。
役割分担、作業指示に対して返事と復唱をはっきりと行う(従事員)
こちらについては、前項に比べて大きく差が開いている状況で、基本的に役職者は事業所内で分担するようにしていますが、桶川事業所と深谷事業所の協力なしでは今のところ東京での工事を円滑に進めることが難しい状況です。両事業所ともに品川のベストモデルに賛同して協力していただいていますので、次回までには進捗することができると感じています。逆に当事業所の中堅クラスにもっとしっかりとしてもらいたいと思います。
声掛けとあいさつの継続
一般常識的な分野になりますが、宿舎内での声掛けが一番悪いのが現状です。そこを小集団活動で改善していきたいと思いリーダーと話を進めるのですが、昼夜の現場に追われることが多く、言い訳が先行してしまいます。自分たちでちょっとの時間を利用して話し合いの場を設けるよう指導を継続していきます。
各種周知会を実施し、個人の「知らない」を無くし責任感をもって現場に入る環境を作る
これについては毎週実施している軌作責会議の中で、軌作責クラスの意志の統一はできていると感じます。しかしながら従事員全員となると大規模工事位しか検討会を実施していないのが現実で、工事ごとの周知会を開催する時間を作らなければならないと反省しています。

総合的にみて、従業員を集める時間を作ること。リーダーをもっと引っ張っていき小集団活動を活発に、そして自発的な開催を実施させることが、今後のベストモデルを大きく変えていく材料だと感じています。また自分自身ももっと全従事員の行動を見ながら、時に注意し、時にはほめて、事業所内環境の改善に取り組んで行かなければと思います。

桶川事業所

桶川事業所
住所 〒363-0023 埼玉県桶川市朝日2丁目15番8号 Map
TEL 048-774-0641

JR東日本各線における、線路の新設および修繕作業(レール交換、マクラギ交換など)を実施しています。全社員一丸となって安全施工を徹底し、重大事故を起こさないため、あらゆる手段を講じ“究極の安全”を目指します。交通のインフラを通じて、社会貢献に努め、今後も鉄道輸送の安全の一翼を担う自覚を持ち続けるとともに、プロとしての技術力を高め信頼されるよう邁進していく所存です。

事業所パンフレット

令和元年ベストモデル
「団結力と組織力」

これまでのベストモデルを達成させようと行ってきた結果、小集団活動を事業所の取組みの軸にする事ができました。これを利用した事業所運営と現場管理の組織化を目指す。

重点実施項目

  1. 小集団活動にLINE情報の共有を行い組織として機能させる
  2. 検討会・周知会・振り返りを行い全員で共有して望む現場体制
  3. 新人者に小集団での役割を与え組織の一員にする
  4. 事業所運営委員会による人材確保

 

深谷事業所

深谷事業所
住所 〒369-0201 埼玉県深谷市岡3828番地1 Map
TEL 048-585-7000

深谷事業所ではJR高崎線をメインに保守工事をしています。所属している社員も若く、20代・30代が多く活気があり、同世代が集まった風通しの良い職場です。現場では1つの作業集団として、与えられた仕事を確実に、品質良く仕上げることに全員が協力して、鉄道の安全・安定輸送を守っています。

事業所パンフレット

令和元年ベストモデル
「ヒヤリハットを分析しリスク回避」

現場での事故防止に繋げるためにヒヤリハットを分析し、労働災害防止や小さな事故の芽を摘む為

重点実施項目

  1. 毎月集計のヒヤリハットを重点に小集団活動で討議する
  2. 写真入りのオリジナルポスターを作成し、点呼での周知を行う
  3. 人の募集をするにあたり、線路の仕事をHPにあげ、安全な現場環境だということを見せる

【令和元年度進捗状況】


※順序

  1. 月1件以上のヒヤリハット提出(全員)
  2. 事業所運営委員会で、危険度が高い項目か類似した件数が多い項目を抽出(所長・副所長・Gリーダー)
  3. 各小集団活動で項目に対し3件の対策を検討する。且つ優先順位を決める(全員)
  4. 抽出した項目と対策の項目の写真を現場で撮る(運営委員会メンバー)
  5. オリジナルのヒヤリハットポスターを作成する(副所長)
  6. 類似した作業に対し現場点呼でポスターを活用し、注意喚起をする(軌作責から従事者へ)

現段階で副所長がポスターを作成しているが、今後は各グループで作れるようにしていきたい。

 


このページの先頭へ